「未分類」カテゴリーアーカイブ

主婦も何かとお金が必要なんです!

主婦がお金に困るのはやはり、友人との付合いがある時だと思います。特に、友人が独身だった場合、お金の使い方がかなり変わってきます。

欲しい物があっても、主婦であれば食費・生活費の事が頭をよぎります。ここで使ってしまったら、今月やっていけるだろうか。

それは、家族の食事等にも関わる事になりとても重い問題です。

いつ、旦那の付き合いで飲み代が必要になるか分からないし、子供がいればその分物入りになります。

専業主婦ともなればもってのほか、自分のオシャレにお金をかける余裕なんてありません。

自分の物は必要最低限になるでしょう。一方、独身の友人は自分を磨く為に使えるお金があります。

実家暮らしともなれば、給料のほとんどを好きな物に使えるのです。

そんな友人と出かけるとしたら、デパートで1つ5000円もする口紅を見ることになります。

いつもはドラックストアで800円等で購入していたりしたら、女として悲しい気持ちになります。

大勢と遊ぶとなると、自分の身なりが家庭的な匂いがしていたりしたくない。少しでも女子力を上げたいと願います。

友人との付き合いが無ければ、結婚してしまえば男の人にアピールする事も無いしオシャレなんて必要ないと思えるかもしれません。

しかし、女友達とはいえ、主婦も女子だし見栄もあります。
もっとお金があれば…なんてしょっちゅう思います。

友人とランチは楽しいけれど独身の時とは違う物です。

生活していて収入は中々増えないのに、車検や、税金等で出費がかさむ日があったりしてそれをやりくりしている主婦は夫よりお金の大事さを知っています。

だから、軽々しく欲しい物を買えないケチな人間になっていくのかもしれません。

食費・化粧品・ファッション等、自分が我慢すれば良い事は節約でお金を極力使わず、安い物をそれなりに見せる工夫をして、友達と食べるランチ等にお金を回す努力が必要となります。

友人との付合い、見栄が発生する時、主婦が女子に戻る時がお金に困る時なんだと思います。

かといって、カードローンなどでお金を借りるわけにもいかないし…。

主婦友で、旦那に内緒でカードローンでお金を借りて買い物している方がいます。

専業主婦で自身の収入はないんだけど、カードローンで借りているんです。(http://xn--lck0c6eya6bc8153c9lu5jdx7q7mwzrj6om.com/

もし、旦那さんに見つかったらどうなるんだろう…?って考えたら怖いですね。

でも、私もダメなのはわかっているんですが、ちょっと羨ましいな、って思ってしまうこともあります。

個人事業者の利用

カードローンの利用を検討している場合に個人事業者の人が借り入れを希望しているというケースもあると思いますが、個人事業者の場合だとカードローンはビジネス用途に利用することができないようになっているところが多いので借り入れができないと思うかもしれません。

確かにカードローンで借りたお金というのはビジネス用の資金として使用することは難しくなっているのですが、個人事業者が借り入れをするということ自体については特に問題があるというわけではありません。

条件を満たすことによってカードローンでも便利にお金の借り入れをすることができることもありますが、基本的にこのローンというのは借りたお金をどのように使ったのかということを報告する必要性はありません。

したがって、個人事業者として借りたお金をビジネス用に使用すること自体はできないことはないのですが、それであればさらに金利が低く設定されているビジネス専用のカードローンに申し込みをして借りた方がお得です。

このような兼ね合いもあってビジネス用途への利用ができないようになっているのですが、個人事業者の場合だと前年度の収入が不透明になっていると借りることが難しいこともあるので注意が必要です。

また、借り入れに対してかかってくる金利がどれくらいになるのかということもあらかじめ調べておく必要があることで、長期返済になると金利の負担はより大きくなってしまうという点にも気を付ける必要があります。

カードローンは利便性の高いローン

お金を借りる場合にカードローンを利用して借り入れをするという方法がありますが、カードローンは専用の取引カードを発行してもらって取引ができるというもので、フリーローンの扱いになるのでさまざまな目的での借り入れができるようになっています。

カードローンの申し込みをする場合は対応している金融機関に申し込みをする必要がありますが、一昔前は消費者金融や信販会社などが借り入れができる金融機関として一般的だったものの、最近は銀行でも借り入れに対応するところが増えています。

銀行や消費者金融で対応しているカードローンは申し込みをして実際に借り入れができるかどかについて事前に調べておく必要があり、借り入れ診断のツールを活用することで実際に借り入れができるかの判断もできます。

いろいろあるローンのサービスの中でも特に利便性の高いローンとして知られていますが、初めて利用する人でもインターネットを使って申し込みをすることができるようになっているので安心できます。

お金を借りることによって同時に返済しなければならない義務が生じることになるのですが、借りる以上は完済までの流れをきちんと把握していくというのも条件として必要になります。

また、借りたお金については一定の金利が付帯されることになるので返済における金利負担についても考える必要がありますが、金利が高いほど長期返済の負担は大きくなってしまいます。

カードローンで実際に借りることが出来る金額は総量規制の影響などを受けることになるので年収によっては借り入れができない可能性もあるので事前に借り入れができる金額の把握というのも必要になります。

また、多重債務のリスクなども把握しなければなりませんが、複数の金融機関でお金を借りることによって返済ができにくい状態などを作ってしまう可能性もあるので借金トラブルになった場合は債務整理などの方法を検討していくということも必要になってきます。